お年玉の由来と相場・平均金額 年賀はがき

お年玉の由来といわれ

お正月といえばお年玉袋にいれて子どもたちお金をあげるのが日本の習慣になっていますね。お年玉は元々はお正月に新年を祝うために贈答される品物のことを意味していましたが、現在では子供にお金やお小遣いを与える習慣やそのお金の意味で用いられていることが多いようです。お年玉は地域や土地柄によって習慣や特色があり、お金でなく、餅や菓子などを与える地方もあるようです。

お年玉が、なぜ「お年玉」と呼ばれるようになったのか、お年玉の由来やいわれはいろいろな説がありますが、、その中の一つがお正月に供えた餅の玉を年の賜物(たまもの)として与え、「年玉」と呼ばれるようになったともいわれています。ただはっきりしているのは、お年玉は目上の者から目下のものに贈るのが特徴だということです。

また、お年玉は日本だけの習慣だと思っている人も多いと思いますが、日本以外の国にもお年玉は存在します。例えば、旧正月に子供に金銭などを与える風習は中国・韓国でもみられます。中国ではお年玉ではなく「圧歳銭」と言われ、年の始めに大人が子供に金を与えると子供を襲う祟りを避けることができ、平穏無事に過ごすことができるという民間信仰から来ています。

お年玉の「玉」は本来「魂(たましい)」のことで、「としだま」とは新年を司る年神への供え物に神霊の分霊が宿り、その供え物が子供に与えられると1年間その子供に力を授けて災難から守り、それを手に入れることによって無事にその年を過ごすことができると信じられているのです。

お年玉の相場と平均金額・お年玉の渡し方

お年玉の相場や平均金額って気になりますよね。ではお年玉の相場っていくらぐらいなのでしょう。また、赤ちゃんや小さな子供にもお年玉をあげるべきなのでしょうか。お年玉をもらう子供の親世代のアンケート結果によると、赤ちゃんや小さな子どもにはお菓子やおもちゃをあげてお金はあげないという人のほうが多いようですね。子どもからみてもお金より好きなキャラクターグッズのおもちゃをもらったほうがうれしいでしょう。

小学生から中学生になると、年齢によっても異なりますが、小学校低学年だと500円程度、小学校の高学年から中学生になると5,000円〜20,000円ぐらいまであげる人が多いようです。お年玉は「年齢÷2に1000円をかけた金額」と決めている人もいるようですね。これだと10歳の子どもには5,000円になりますね。

またお年玉卒業の歳は高校卒業、大学卒業、20歳までなどまちまちですが、学校を卒業して就職したらもうあげないという人が多いようですね。そろそろあげなくていいかなと思ったら、「今年でお年玉は終わりだよ」って宣言するのがいいと思います。

お年玉であげる上で気をつけることは金額もそうですが、「お年玉は親が見ている前で渡す」ということでしょうか。また、お年玉をあげるときにいない兄弟の分も子供に渡さずに親に渡したほうがいいでしょう。もしお年玉の金額で迷っているなら、事前に両親に相談したり、親、祖父母世代の兄弟で話し合うのがいいでしょう。

お年玉付き年賀はがきについて

お年玉付き年賀はがきとは、俗に言うお年玉つき年賀状のことで毎年正月に配達されます。取り扱っているのは平成19年10月1日から民営化された郵便事業株式会社(旧称日本郵政公社)です。毎年1月の中旬に抽選があり、当選すると、さまざまな商品を手にすることができます。

お年玉付きの年賀はがきは例年11月1日の発売となっています。年末で大掃除やお正月の準備で忙しくなる前にできるだけ早く取り掛かって、年賀はがきの投函を済ませましょう。そうすれば年賀特別郵便の取り扱いで年末まで局内に留め置かれ、改めて元日に配達されることになります。

ここ数年お年玉つき年賀はがきをはじめ、年賀はがき全体の売り上げ総数が以前に比べると明らかに低下しています。原因としては色々と考えられると思いますが、やはり最も大きな理由は携帯電話やパソコンメールの普及によって、若い人たちが年賀状を送らなくなったことでしょう。

郵便事業株式会社は、お年玉が年賀はがきを買った人にも当たると言う新しいプランを発表しました。民営化された影響で利潤を求めなければならなくなり、メールの普及のため年々減少し続ける年賀はがきの売り上げを増やそうと、考えられた作戦だといえるでしょう。

お年玉付き年賀はがきの当選番号発表と商品

お年玉付き年賀はがきの当選番号は毎年1月の中旬に発表されて7月15日まで賞品との引き換えができるようになっています。以前は4等か5等までの当選番号だったのですが、2007年度は3等までになっています。最下位の当選賞品は切手シートとなっておりその年の干支が描かれています。

お年玉つき年賀はがきを確認するために以前は当選番号をテレビから聞き取ってメモしたり、新聞を切り取ったりしていましたが、現在ではパソコンでいつでも見ることができます。賞品としては旅行やノート型パソコンなどの中から選べるようになっていたり、ふるさと小包、切手シートなどがあります。

お年玉つき年賀はがきの当選番号が発表されると番号の照合をするわけですが、その際、たぶん無理だろうなと思いつつ、1等や、2等の番号もワクワクしながら見てしまいます。そして手に入れづらい賞品が当たった時のことなどをついつい想像してしまうものなのです。

お年玉つき年賀はがきの当選番号が発表される頃、毎年のように年賀状の盗難事件の記事を見かけます。はがきが多いほうが当選しやすい、というのは事実なのですが、だからと言ってポストから盗んだり、配達をしないで年賀状を持ち帰ってしまうなど決して許されることではありません。

お年玉付きの年賀はがきを購入しても書き損じをしたり、使わなくて残ったりした場合、誰もが当選番号の発表までは手元に残しておかれることだと思います。ではそれが過ぎたらどうすればいいのでしょう。実は手数料を支払えば官製はがきと交換してくれますので大切に保管しておきましょう。